2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遡っての日記をコピー&ペーストのためご了承ください
-----

 2010年もおしまいですね。
 今年は、色々なことがありました。
 苦しいこともたくさんあったし、辛いこともたくさんあったし、泣いたことも何度もあったんですけど。

 …うまくいえないな…。

 リトバスからの大きな区切りがついたような年だったかも、しれません。
 
 尊敬するまえださんの手伝いになれば、恩返しができれば、という想いだけで五年過ぎたんですけれども、
役に立ったのだろうか。足を引っ張っただけじゃなかっただろうか。
 
 言葉にはうまくできません…。
 
 だからこそ、なんですが、思い出したことがあって、そのために来年はがんばろうと思えました。
 ずいぶん遠回りですけど、でも遠回りするのはいつものことで、まったくもって不器用すぎてアホの子です。
 
 願わくば来年はもうちょっと明るくいけたらなぁと思います。
 

 …


 前回のは二段組みでしたが今回は一段組で。
 A4サイズ縦書きになってます。
 二段組みとどっちが読みやすいでしょうか?

 test(.pdf 初出:07/12/30)


 …

 WEB拍手等のレスです。
 いつもありがとうございます。
 順番はぐちゃぐちゃです。すみません。


 >作中に散りばめられたシーグラスをつなぎ合わせ、元の星を再構成する充実した日々を送っております。7/14は初代ひまわりですか?墓場軌道。名前こそ不吉ですが、静かで過ごしやすそうですね。

 無くなってしまった部分もたくさんあるので、小説かなにかで形にできたらいいなぁと思ってるんですけどね。
 わふたーのビジュアルファンブックの企画とかあったら小説かきまくるんですけど。笑
 どこかでないですかね、そういうお仕事。
 サイトの名前は変えたので、色々なところの情報も書き換わるといいなーと思います。
 リンク先が前の名前になってることに気がついたひとはそこの記述元さんに教えてもらえるとうれしいです。

 >わふたーについて

 作品世界については…えーと雑誌とかで口にしてるので改めて言うのもなんですが。
 わふた(After)世界は修学旅行後なので虚構世界ではないです。 

 作品中のいくつかのミスは申し訳ありません。
 チェックすりぬけて直すことができませんでした。
 直す機会があったら直したいです。
 ごめんなさい。

 お詫びにいくつか元ネタトリビアを出すのでお許しください m(_ _)m

 ・チルーシャさんの同僚スナウトさんの由来はレムの「ソラリス」から。
  SF小説的要素はあちらこちらにあります。

 ・チルーシャさんが乗っていたのは「エス・トゥーワナ」というロケットですが、クリーペルは
  往還機の名前です。あの世界ではロシアが月にアメリカより先に到達した世界なので、
  宇宙ステーションの名前もロシア系になっています。

 ・エピローグでクドの読み上げる一節はテグチュペリの「夜間飛行」から。
  EXのEDでクドママが口にしている「星の王子さま」繋がりですね。

  個人的にはアナザー・トゥルーエピソードを含めてトゥルーED、と考えています。
  

 >「いんたーみっしょん」竹本泉さんの漫画で覚えたような記憶がします。 

 ゆみみみっくす以来、竹本作品のヒロインは平松晶子さんの声で再生されるのです。
 ねこめーわくもそうだけど。
 ねこめーわくといえば樫田さんはネコ好きですけど、彼の書くものにはあんまりネコはでてこないですね。
 私は犬好きなので書く話に多分全部犬がでてくると思います。

 >はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています。先日初めて物置場の方を拝見したのですが、TEXTSの公開は取りやめになってしまったのでしょうか。

 年明けに掌編を徐々にあげていこうかなと思ってます。
 まとまったらコミティアかどこかで本の形にしようかと。
 PDFはインデザもCS4入れたところで文庫データも作れるのですが、とりあえず簡易変換でお茶濁しすみません。

 >ライティングについて

 感想ありがとうございます。
 そうですねぇ…なんといったらいいのかな。
 アニメや映画でも監督とシナリオライターがいるように、ゲームにもディレクターとライターがいますし、
スクリプタさんや原画さんデバッガさんもいるんですよ。
 多くのひとが携わっているのです。
 苦楽がありますが、もし目指されるのでしたら、そういうことを考慮してみてください。
 あんまり大したアドバイスでなくてすみません。

 >すごくいまさら、なのですが。昨年の8月あたりにひょんなことからリトバスEXと出会い、クドリャフカのお話を読んで自分でも意味がわからないほど泣きました 

 伝えくださってありがとうございます。
 どんな感想でもいただくと力になります。
 
 …えっとですね、向いてるとか向いてないとか、何が正しいのか間違ってるのかわかんなくなった時に
いただいた感想が舵になることがあります。

 どんな感想も薬みたいなものです。
 中には苦い薬もありますけれども…。
 
 でも、ま、読んでいただけるだけで幸せということで。
 明るく前向きに考えたいかと思います。



 …ところで「暗くて辛い話」ばかり書く、と言うのが世間のイメージなのでしょうけれど、書き始めて
からのテキスト総量でいくと、どちらかと言うとのんびり日常系の話とかラブラブ話とか書いてるほうが
多かったりします。どちらも自分の書く方向性なんですけど、その割合が多かったり少なかったりするの
は色々な事情なのですが。
 
 どちらの方向性を評価されているのでしょうねぇ…。

 

 そんなこんなでおやすみなさい。
 来年はみなさんにとって良い年でありますように。



  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。